1. TOP
  2. 実はいろいろ間違っていた!

実はいろいろ間違っていた!

 2017/06/01 未分類
この記事は約 4 分で読めます。 228 Views

中高生の頃から、おでこによくプチプチとニキビが出来ていました。

結構皮脂が出ている感じだったので、オイリー肌であることをなんら疑わず、当時有名だったアクネ菌対策の洗顔料(クレ○ラシル)を購入。

CMでも雑誌でも、ニキビが出来るのはアクネ菌のせいだからしっかり洗顔する方が治るみたいなことがよく書かれていたので、洗顔をしっかりやればニキビはきっと治るんだ!と思っていました。

ワクワクしながらモコモコ泡を作り、早速顔を洗ってみると、あれ…顔が全面すんごいピリピリする…鏡を見ると顔が真っ赤になっておりました。

期待をしていただけに、すごくガッカリしました。

顔は痛いし。

赤みと痛みが治るのにはしばらくかかりました。

その洗顔料はすぐ捨てました。

その後はニキビ用とかアクネ菌とか謳っていない普通の弱酸性洗顔料を使っていましたが、ピリピリすることもないけど特にニキビが治るわけではありませんでした。

19歳くらいで現在の親友と出会ったのですが、自分の肌とは比べ物にならないくらいキレイな肌をしていて、全身赤ちゃんのような肌をしていました。

それまで、そこまでキレイな肌を持っている子に会ったことがなかったのでかなりビックリしたのを覚えています。

話を聞いてみると、親がノエビアを使っていて、生まれてからノエビアの商品以外使ったことが無いんだとか。

ほとんど肌荒れもしたことが無いみたいでした。

商品についてすごく興味が沸いたので、他の友達も一緒に親友の親に教えてもらうと、商品の効果に驚き、ノエビアの持つ特許の数に驚き、まぁ当時は学生だったので値段にも驚いていたわけですが(笑)。

成人式の前撮りの時に、親友が着付けとメイクをお願いしたら、海外製のメイクだったらしいのですが、塗って数時間も経たず肌荒れを起こしていて、不純物の有無でそんなに差が出るものかと驚いた反面、なんとなくノエビアの実力を感じました。

そんなご縁もあり、ちょうど機会もあって肌の状態を調べてもらったのですが、本来水分も皮脂量も60くらいが理想なところ、なんと水分量が1桁しかありませんでした。

多いと思っていた皮脂も10~20くらいしかなく、その時初めて超乾燥状態なことを自覚しました。

一応スキンケアしてたんですけどね、そんなに乾燥している感じもしていなかったんですが、オイリーなのではなく水分が無さ過ぎて皮脂がカバーしようと頑張っていただけなのでした。

そりゃあ皮脂落とすような洗顔じゃ顔真っ赤になるよね…と納得。

他のオバサマ方は水分も皮脂も少なくても30~40はあったので、10代なのに1桁の私は焦りました。

そこから親友の親にいろいろアドバイスをもらいながら、ノエビアの商品を使うようになりました。

多くの化粧品が角層までしか浸透しませんが(これも教えてもらうまで知らなかった)、角層の下の表皮まで届く99シリーズ(基礎化粧品、洗顔含む)と、水分と皮脂のバランスを保つQCローション、水分を補充する薬用モイスチュアリペアを使い、毎日頑張ってお手入れしました。

もちろん汚れは大敵なので、しっかりメイク落としもしてちゃんと美容成分を届けるようにしたら、全然治らなかった肌荒れが徐々に良くなりました。

あのままよく知りもしない状態でスキンケアしてても、してる風なだけで治らなかったと思います。

親友と出会えたこと、ノエビアの商品に出会えたこと、いろんな知識が付いたことは、幸せなことだと思っています。

もしかしたら合わない人も居るかもしれませんが、肌荒れに悩んでいる人の参考に少しでもなれば良いなぁと思います。

\ SNSでシェアしよう! /

ニキビ跡の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ニキビ跡の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

taiken

この人が書いた記事  記事一覧

  • dプログラムの洗顔料が手放せない

  • 新エバユースを飲みはじめて

  • 実はいろいろ間違っていた!

  • セラムデューという大人用のニキビケア化粧品を使用して

関連記事

  • 富士フィルムのルナメアAC

  • 新エバユースを飲みはじめて

  • 火山灰石鹸で徹底洗顔!

  • dプログラムの洗顔料が手放せない

  • わたしがニキビを治した方法

  • セラムデューという大人用のニキビケア化粧品を使用して